鍼灸マッサージも災害時支援の協定を結びました!

災害時に鍼灸支援 三島市と関連団体、静岡県内初協定 (2017/2/4 08:21)

災害時支援に関する協定を結ぶ豊岡武士市長(右から3人目)と後藤憲俊会長(同4人目)=3日午後、三島市役所

 三島市は3日、大規模災害時における鍼灸・マッサージ施術支援に関する協定を県鍼灸マッサージ師会・三島と結んだ。自治体と関連団体との同様の協定締結は静岡県内初。
 大地震発生後に避難所生活を送る市民にはりやマッサージの施術、エコノミークラス症候群の予防指導を行う。災害対応従事者の疲労回復も支援する。
 市側の要請の有無にかかわらず、同会が主体的に行動することを前提としたのが特徴。施術に対して被災者は金銭負担を負わない。
 協定締結式を市役所で行い、豊岡武士市長は「熊本地震などで災害関連死が問題となった。施術は症状の緩和とリラックス効果が期待でき、協定は大変意義がある」と感謝した。協定は同会の申し出で締結に至ったといい、後藤憲俊会長は「有事の際は協力できるよう頑張りたい」と応えた。
〔関連特集〕防災・減災しずおか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です